欧米シーンのみに囚われず、気鋭のアーティストを招聘しているFRUEは、アンダーグラウンドなダンス・ミュージックのフリークたちにとって、人気パーティーとして定着しつつある。今回、人肌恋しくなる11月の夜に2晩に分けて、FRUEがUNITの不定期イベント”root & branch”と共同主催でお届けするパーティーのキーワードはズバリ、ベース・ミュージック。
2000年代後半に隆盛したポストダブステップ以降、よりジャンルレスに波及しつつあるこのジャンルだが、近年ではテクノや音響/インダストリアルからハウス、さらにはワールド音楽まで、“ベースマナー”を取り入れたユニークなエレクトロ・ミュージックが多く出現している。そのなかからFRUEと”root & branch”がセレクトしたのは、Clap! Clap!とVesselの2組だ。

第一夜となるroot & branch / FRUE presents “It’s a Jungle in Here“の11月7日に登場するClap! Clap!は、イタリア人プロデューサーのクリスティアーノ・クリッシが“空想上の島の音楽”をテーマに立ち上げたプロジェクト。アフリカの伝統音楽とも共通するトライバルなグルーヴをサンプラーやリズムマシンを駆使して、ゲットー/ジュークなどのベース・ミュージックへ落とし込んだ1stアルバム『Tayi Bebba』は、いわゆる辺境系ベースミュージックの枠を越えた完成度で、クラブ系以外のフィールドでも大きな話題となった。
そんなClap! Clap!にとって待望となる初来日公演を迎え撃つのは、FRUEに出演経験のあるThomash。サンパウロのアンダーグラウンドパーティー“VOODOOHOP”を主催し、スロウなBPMを軸に独自のサイケデリック・テイストを持ったThomashは、テクノ/ハウスに限らずジャンルレスなミックスを聴かせ、常に新鮮な刺激を提供してくれるだろう。

Clap! Clap!の躍動的なグルーヴを“陽”とするならば、FRUE-We Are Rolling-第二夜に登場するVesselは、まさに陰。VesselことSebastian Gainsboroughは、新世代のブリストル・サウンドを聴かせるアーティスト集団“Young Echo”の一員としても活動する。ShackletonやAppeblim、Perveristなどのアーティストの影響を公言する彼らは、2013年作の『Young Echo』にて、グライムから実験音楽までをブリストル流儀とも呼べるメロウな世界観で纏め上げたサウンドを提示。また、Vesselはソロ・アーティストとして先鋭的な電子音楽をリリースする、米国レーベルのTri Angleから2012年に『Order Of Noise』を発表し、パンクやノイズをフィードバックさせ、ベースミュージックを通過したダークなテクノ・アルバムとして高い評価を得ている。
そんな若きベース系アーティストの才人であるVesselともに第二夜を彩るのは、Raster-Nortonの実力派Kangding Ray。2014年リリースの『Solen Arc』では、インダストリアルで退廃的なサウンド、2014年のLabyrinthでの呪術的なテクノ・セットも好評だった彼のパフォーマンスも見逃せない。

アフリカンでトライバルな“動”のグルーヴを展開する第一夜、インダストリアルやテクノといったキーワードで“ダークサイド”を追求する第二夜・・・・今回、FRUEが提示するのは、ベース・ミュージックから派生した光と影という2つの異なる世界。それは、同時にダンス・ミュージックにおける“陰と陽”であり、ダンス・ミュージックにとって必要不可欠なグルーヴをベース・ミュージックという視点で紐解いた実験(宴)でもある。ダンス・ミュージックのフリークはもちろん、音楽好きなリスナーにとっても、今回のFRUEは、ベース・ミュージックという音楽の懐の深さを体感できる、またとない機会になるだろう。(伊藤大輔)

tayi bebba cover呪術的アフロ&トライバル・サウンドと先鋭的電子ビートを融合させたClap!Clap!の初来日に加え、世界最大の熱帯雨林を擁するブラジルで妖しく息吹くサイケデリック・ハウスを展開するThomashの再来日が決定!
日本からは説明不要我が国が誇るボアダムスのEYヨ、そして、やけのはらが出演!
また、SALOONは、東京アンダーグラウンド界隈きってのパーティクルー・HOLE AND HOLLANDとBLACKSHEEPが鮮やかに、濃く、深い夜~朝~昼を演出してくれるでしょう。

root & branch / FRUE presents “It’s a Jungle in Here“

2015.11.7 Sat
Open:23:30

【UNIT】
::LIVE::
Clap! Clap! (Black Acre – Italy)

::DJ’s::
EYヨ (BOREDOMS)
Thomash (Voodoohop – São Paulo)
やけのはら

::Shop::
iftah ya simsim
meru maw mem (ex-nigitama)
甘巫甘星

【SALOON】
HOLE AND HOLLAND × BLACKSHEEP
presents『Gr◯un土 “Vodunizm” Release Party in TOKYO』

::LIVE::
Gr◯un土 × MAYUKo(CROSSBRED)
ifax!

::DJ::
COGEE
FUSHIMING
Gr◯un土
MAMAZU
MJ
PECO
SUNGA
YO.AN
7e

::LASER::
NxOxT

::DECO::
COLORgung

::FOOD::
IROHA (AMA)

::COFFEE::
FREEDDAM

::TICKETS::
ADV:3,500 yen

チケットぴあ 0570-02-9999 [P] 277-030
>>@電子チケットぴあでチケットを購入する
ローソン[L] 76761
e+
clubberia ONLINE SHOP
RA
diskunion 渋谷CLUB MUSIC SHOP
diskunion 新宿CLUB MUSIC SHOP
diskunion 下北沢CLUB MUSIC SHOP
diskunion 吉祥寺
TECHNIQUE
JET SET TOKYO
DISK SHOP ZERO
UNIT店頭

presented by root & branch / anitodai with nodoka

 

 

Clap-Clap-Tayi-Bebba-2000px

Clap! Clap! (Black Acre – Italy)
クラップ!クラップ!は、ディジ・ガレッシオやL/S/Dなど多数の名義で活躍するイタリア人プロデューサー/DJ、クリスティアーノ・クリッシが、アフリカ大陸の民族音楽への探究とサンプリングに主眼を置いてスタートさせたプロジェクト。様々な古いサンプリングソースを自在に融合し、そして極めてパーカッシヴに鳴らすことによって実に個性的なサウンドを確立している。彼は伝統的なアフリカのリズムをドラムマシーンやシンセといった現代の手法を通じて再生することにおいて類稀なる才能を持っており、その音楽体験におけるキーワードは「フューチャー・ルーツ/フューチャー・リズム」。クラップ!クラップ!の使命は、トライバルな熱気と躍動感に満ちていながらも、伝統的サウンドの優美さと本質を決して失わないダンス・ミュージックを提示することである。

 


 

thomash

Thomash (Voodoohop – São Paulo)
ブラジルはサンパウロにおいて毎回数千人を集めるアンダーグラウンドDiYパーティ『VOODOOHOP』。
Thomashはその首謀者であり、DJ、トラックメイカー。
異常に遅いスローテクノ、国籍不明の民族音楽、トロピカルサイケデリア、レインボーカラーのシンセサウンド、ラテンのリズム、ダブ、アシッドロックにディープハウス等を比類無いセンスでミックスし、ディープサイケデリックな呪術感を持ちつつ、全てを優しく包み込む太陽のようなオーガニックダンスグルーブ。
現在はサンパウロを中心に活動しているが、出身はドイツのケルン。古くはCANなどの多くのクラウトロックを産み、近年はKompaktのお膝元として、60年代から常に革新的な音楽を生み出してきた街で生まれ育った。
そのジャーマンブラジリアンのルーツ、ヨーロッパの前衛エレクトロニックダンスミュージックの感性と、ブラジルの南国快楽主義的な空気感が混じり合った、まだ生まれたばかりの不思議なダンスミュージック。
2014年3月にカナダのMulti CultiからリリースされたファーストEPは、その名も『Camdomble』。ブラジルの黒人系民間信仰宗教の名前であり『神をまつるダンス』という意味を持つ。
地球の裏側、ダンス大国ブラジルの意識を”一歩先”に進めた、Thomashの再来日!

 


 

eye

EYヨ (BOREDOMS)
コンテンポラリーアーティスト。80年中期より、主にパフォーマンスアートの流れからロックグループフォーマットのBOREDOMSをオーガナイズ。SONIC YOUTHのサポートツアーからスタートし、以後海外での活動が多く、初期のJUNK MUSICやAVANT JAZZよりの表現から、さらに包括的、根源的な表現へと変化。現在10人程のドラマーやギターによる編成になっている。ボアドラムのプロジェクトを2007/7/7にNYで77台のドラムセットによりスタート、以後毎年、’08年88台、’11年111台、’13年91台、複数のドラムセットにより、各国で行う。アート関係のコラボレーションやエキシビジョン、画集刊行も各国で多数おこなってきており、ジャケット制作もBECKをはじめ多数。DJは90年中期よりスタート。当時のNU HOUSEやETHNO BEAT, DISCO EDIT, JUNKなACID HOUSE, EXIOTICなGOA TECに影響を受けおり、それらを高速ハイブリッド濃縮したMIX-CDをDJ光光光の名儀でリリースしている。それを含め現在までに6枚のMIX-CDとLIFT BOYS名儀で2枚のCD、5枚のアナログをリリースしている。

 


 

yakenohara

やけのはら
DJ、ラップ、トラックメイカー。『FUJI ROCK FESTIVAL』、『METAMORPHOSE』、『KAIKOO』、『RAW LIFE』、『SENSE OF WONDER』、『ボロフェスタ』などの数々のイベントや、日本中の多数のパーティーに出演。2009年に七尾旅人xやけのはら名義でリリースした「Rollin’ Rollin’」が話題になり、2010年には初のラップアルバム「THIS NIGHT IS STILL YOUNG」をリリース。2012年には、サンプラー&ボーカル担当しているバンドyounGSoundsで、アルバム「more than TV」をリリース。2013年、セカンドアルバム「SUNNY NEW LIFE」をリリース。DJとしては、ハウスやディスコを中心としたロング・セット、またTPOに応じた幅広い選曲でフロアを沸かし、Stones Throw15周年記念のオフィシャルミックス「Stones Throw 15 mixed by やけのはら」など、数多くのミックスを手がけている。雑誌「POPEYE」でのコラム連載や、YUKI、でんぱ組.inc、中村一義などを手がけるリミキサーとしての活動も行っている。

 


 

hole

HOLE AND HOLLAND
2006年発足。FUSHIMING、EDO KANPACHI、MAMAZU、KUJITAKUYA、STONE’D、YO.ANから成る、純東京のオリジナル・クリエーター集団。CDや12インチレコード、MIX CDのリリースの他にも数多くの映像作品のサウンドドラック製作やオリジナルサウンドシステムの製作も行い、『DOMMUNE』にて過去2回にわたり放送された番組、”スケボークラブ”/”スケボー音楽クラブ”では数多くの出演者たちによる、貴重な瞬間に多くの視聴者が引き込まれた。

 


 

blacksheep

BLACKSHEEP