表面入稿_a5_

生まれたばかりのお月様がニッコリ沈んだ蒸し熱い夜に、
土星からの使者・Sun Raの宇宙を受け継ぎしものたちが集う狂宴、いざ開幕!!

STONES THROW発エチオピアンジャズの巨匠ムラツ・アスタケの元で腕を磨いた英国のエクスペリメンタルジャズ/ファンクバンド・ザ ヘリオセントリクスの深淵なライブパフォーマンスから、シカゴ古参プロデューサーにして鬼才・AYBEEのディープでエクスペリメンタルなハウスへなだれこむ一方で、日本からは、辺境の怪しい音楽とクラブミュージックを融合させオリジナリティあふれるグルーヴを紡ぎだすShhhhh、ディープアンダーグラウンドテクノ・パーティー”Drone”を主宰するWata Igarashi、ユーモアいっぱいの鋭い感性とセンスが光るクリエーター集団”HOLE AND HOLLAND”からMAMAZU、摩訶不思議な音と美食の追及に日夜いそしむ道楽者のPECOちゃん、可愛いらしい美貌のなかに万華鏡のような毒をあわせもつ7e、今はなき裏渋谷系レコード屋IKOIKOの元店長にして歩く音楽大辞典ことOSGという世にも奇妙な音キチ達が揃いました。何が起こるや起こらないやら。
閉塞したシーンを鮮やかに煽り騒がすFRUE、ぜひ体感しに来てくださいませ~

 

FRUE -Space Is the Place-

8.10.SAT @UNIT

Open/Start:23:00

LIVE:
THE HELIOCENTRICS(Now Again / Stones Throw / UK)

DJ:
AYBEE (Deepblak / Oakland)
OSG

SALOON
Shhhhh
Wata Igarashi (Drone)
MAMAZU(HOLE AND HOLLAND)
PECO (R20)
7e (Romanescos)

Incense
SANGA

SHOP
iftah ya simsim

CHARGE : ADV 3,800yen / DOOR 4,300yen (26:00〜 2,500yen)

ticket info:
・ローソン[Lコード:77763]    
・メール予約
お名前、お電話番号、ご希望日と枚数を  info[at]frue.jp まで、ご連絡下さい。折り返し、希望チケットの有無、料金、お支払い方法をメールにてご返事申し上げます。
※[at]を@に直してメールを送ってください。

 

 

..·><((((º>·´¯`·.¸¸..><((((º>.¸¸..·.¸¸..((((º>.¸¸..·..·><((((º>·´¯`·.¸¸..><..·><((((º>·´¯`·.¸¸..><((((º>.¸¸..·.¸¸..><((((º>.¸¸..·

 

8.11.SUN @CAY

Open:16:00 / Start:17:00

LIVE:
THE HELIOCENTRICS(Now Again / Stones Throw / UK)

DJ:
黒田大介 (kickin)
KILLY (Romanescos)

CHARGE : ADV 5,000yen / DOOR 5,500yen

ticket info:
・ローソン[Lコード:79261]    
・メール予約
お名前、お電話番号、ご希望日と枚数を info[at]frue.jp まで、ご連絡下さい。折り返し、希望チケットの有無、料金、お支払い方法をメールにてご返事申し上げます。
※[at]を@に直してメールを送ってください。

 

presented by anitodai

 

heliocentrics-feat
STONES THROW発、エチオピアンジャズの巨匠ムラツ・アスタケの元で腕を磨いた 英国のエクスペリメンタルジャズ/ファンクバンド・THE HELIOCENTRICS-ザ・ヘリオセントリクス

USディープ・ファンク名門NOW AGAINよりリリースされた「OUT THERE」から6年、新作「13 Degrees Of Reality」をひっさげての初来日。
MADLIBやDJ SHADOW、そしてQUANTIC、MULATU ASTATKE、LLOYD MILLERとのコラボレーションを経て今やジャンルの垣根を越え、世界中の音楽ファンより熱狂的な支持を受けているTHE HELIOCENTRICS。
ドラマーMARCOM CATTOの磨きに磨かれたタイトなビートに、モジュラーシンセ、SE、フルートやサックスを始めとする生楽器群がフリーキーに絡み合い特異なトリップ感と唯一無二のサウンド・スケープを生み出すライブパフォーマンスの評価は高い。
ラテン・スイングあり、アフロ・ビートにアジアン・テイストが加わった幻覚的なジャムあり、そして生命感に満ち溢れた屈指ライブパフォーマンスをお見逃しなく!

 


 

aybee-1-300x235

シカゴ古参プロデューサーにして鬼才・AYBEE

オークランドを拠点に活動するUSアンダーグラウンド最重要レーベルDEEPBLAK主宰するAYBEE。RON TRENTに見出され、DAMON BELLやAFRIKAN SCIENCESらと共にUSのアンダーグラウンド・ダンスシーンのイノベーションとして注目され、活躍してきた。宇宙へと続くようなディープ・スペーシーなシンセ使いと、オールドスクーリーな骨組みのトラックメイクを今の鳴りにアップデートしたギャラクティックな世界観を作り上げた単一のビートやテンポに縛られないエクスペリメンタルな作風で高い評価を得ている。

 


 

KanekoShhhhh4-1

辺境の怪しい音楽とクラブミュージックを融合させオリジナリティあふれるグルーヴを紡ぎだすShhhhh
DJ/東京出身。オルタナティブなワールドミュージック/伝統伝承発掘活動。
フロアでは民族音楽から最新の電子音楽全般を操り、オリジナル且つ魔術的なフリースタイル・グルーヴを発明『ウニコリスモ』ほか2作品のアルゼンチン音楽を中心とした、DJ視点での南米音楽コンピレーションの編集、監修。 dommuneのBROADJの出演回数は最多のうちのひとり。
アメリカ西海岸L.Aのdublab.comにアンビエントミックス『funeral gaucho』が紹介された。
そして、2013年3月、オフィシャルミックスCD『EL FOLCLORE PARADOX』がavex傘下tearbridgeよりリリースされた。 ”PROCEPTION、”EL QUANGO”、”BLACK SMORKER RECORDS”といった日本屈指のアンダーグランド・レーベルよりMIXCDをリリース、いずれもロングセラー。
又、独自の視点でのスペイン音楽取材活動。ライナー、ディスクレビューなど執筆活動や様々なジャンルの海外アーティストとの共演や招聘活動のサポート。 全国各地のカルト野外パーティー/奇祭からフェス。はたまた町の酒場で幅広く活動中。

 


 

Wata Igarashi (Drone)

Wata Igarashi (Drone)
東京出身、DJ・プロデューサー、DRONE主宰。 ディープテクノサウンドをベースに、アンダーグラウンドエレクトロニックミュージックの最深部を探求する。 ロンドン、マドリッドで過ごした幼少期やギターリストとしての活動を経て、彼の創りだす深いサウンドスケープの核心には、情動を揺さぶる波動が潜在する。 これまで、Gynoid Audio、 Sienna Obscureなどから作品を発表。最新作はMariana Waxより今年5月にTr_nch、Mike Parkerとのスプリット12″としてリリースされた”Valve”。
http://www.wataruigarashi.com

 


 

mamazu2

MAMAZU a.k.a Machan . Dj . Producer
ANDROMEDA / SUPER X 主催。 90年代中期頃からDJとして活動を始める。今は無きclub青山MIXの洗礼を浴び、音と人、空間に触発され多種多様な音を吸収。小箱から大箱、野外まで独自の視点で形成される有機的なプレイを続け、国内外数多くのDJ、アーティストとの共演を果たす。 宇川直宏氏主宰のDOMMUNEではTHA BLUE HERB関連作品や様々なスケートボードDVDなどを手がけ、熱狂的なファンを持つ森田貴弘氏主宰のFESN.TVとHOLE AND HOLLANDがコラボレーションしたプログラム『スケボークラブ』というを番組を2回配信。企画、制作、出演し非常に高いレスポンスを獲得する。一回目は西岡”DEVIL”昌典、二回目はILL-BOSSTINOをゲストに招き多くの視聴者が引き込まれた。日本全国北から南までフリーフォームなアーティスト有志が集結し、長野で三日間行われた”MOVEMENTS ONENESCAMP 2012 縄文と再生”ではHOLE AND HOLLANDとして5人編成によるLIVEの他に特設スケートパークにリサイクルオリジナルサウンドシステムを組むなど、活動は多義に渡る。 トラック制作ではSkateDVDの『007』や『LIGHT HILL ISM』、雑誌『TRANSWORLDJAPAN』付録DVDなどに楽曲を提供。2011年HOLE AND HOLLANDから発売されたV.A『RIDE MUSIC』の収録曲「ANTENA – YO.AN EDIT」ではInterFMなどでも放送され、日本が宇宙に誇るALTZもPLAY! BOREDOMSのEYEもMETAMORPHOSE 2012 でPLAYし、REDBULL主宰の RBMA RADIO にて公開され大きな話題となる。2012/5月には『RIDE MUSIC』から待望のアナログ・カット、MAMAZU – ANTENA – YO.AN EP EDITをリリースしこちらもALTZ、INSIDEMAN aka Q(Grassroots)、箭内健一(Slow Motion Replay)、YAZI(Blacksmoker)などなど様々なDJがPLAY中! 2013年は自身初となるMIXCD『BREATH』をリリース!
http://www.hole-and-holland.com/

 


 

peco_photo

PECO
20世紀を過ぎたか過ぎる前だったかは忘れた頃、民族音楽を中心としたレイヴに傾倒、音の神秘にハマる。ふとした瞬間、TB303の宇宙にのまれハウスに感染、電子が生み出すアミニズムに浸かりDJを始める。浸透する音から硬質な音、閉塞から恍惚、開放から収縮、中東から南米、パンダからうどん、太古の星から爪の先まで縦横無尽に突き抜ける奔放な選曲。不可思議な音への嗅覚を駆使し、次元をねじ曲げ極彩色の世界へと聴き手を誘う。わけがわからない。
Resident Party:R20@module/Motership@OATH

 


 

7e

7e (Romanescos)
Psychedelic Soul Music DJ。2007年、テクノDJとして活動をスタート。春風、Space Gatheringや某人気ジャムバンドのショウでのBGM担当などの活動を経て、現在は四ッ打ち~辺境系ワールドミュージック~ヒップホップ~サイケデリックロックなどなど、多くの生音を含む、幅広いジャンルの中から奇妙で美しい曲を選び、挑戦的な実験性を持って、混ぜる。「トコノマ」「mindwarp」「Romanescos」などのパーティーを主催し、日夜人々をヘンテコダンスミュージックの渦に巻き込み中。

 


 

sanga
SANGA
ハーブ、スパイス、香木、樹脂を香料として、自然の形をそのまま調香するオリジナルインセンスを制作。世界中の街を巡り自然に分け入る香料ハンティングは、SANGAの主要なフィールドワークであり旅である。空間というパズルに香りのピースを組み込む、香りの空間演出「INCENSeffect」を展開中。香りの先にあるものを探求するナチュラルインセンスブランド。
http://sanga-incense.com/