Sam Gendel

来日メンバー
Sam Gendel (Alto Saxphone & Guitar)
Joachim Cooder (Drums)
Shahzad Ismaily(Bass)

LAをベースに活躍する、先進的な作曲家、ギタリスト、サックス奏者、サム・ゲンデル。11歳のときに50ドルで購入したサクソフォンで音楽をはじめ、シーンには先進的ジャズトリオ「INGA」 のリーダーとして2015年の1stアルバムやローランド・カークの『Volunteered Slavery』を取り上げた演奏などでその名が知られるようになる。
2017年からは個人名義を名乗りギターをメインにヴォーカルやラップなども織り交ぜたファースト・アルバム『4444』と路上演奏の即興によるパフォーマンスを収めた『Double Expression』、2018年リズムループとサックスの音響で構築された幻想的なアブストラクト作『Pass If Music』と全く異なる趣のアルバムを次々を発表している。最新作は数年前に来日を果たしたLAのジャズ・コレクティブKnowerで同門だったSam Wilkesとの野心的なデュオ作『Theem and Variations』。
昨年FRUEフェスに出演したファビアーノ・ド・ナシメントとの共演、独自の音楽性で知られるマルチ奏者でソングライターのサム・アミドンの作品への参加、カリフォルニア出身のソングライター、モージズ・サムニーのバンドメンバーなど旺盛という表現が相応しい音楽ジャンルや演奏スタイルなどの垣根を越えた参加作や映像などからもその気鋭ぶりを伺い知ることができるだろう。
Text by Hideki Hayasaka