寄せられたコメント

one of the most important musicians on the planet.
Miles Davis

//////////////////////////////////////////////////////////////

まるでブラジルという国そのものだ。
陽光と影、熱狂と倦怠、混沌と調和の共存。深遠で、あっけらかんとした魅力。
大統領の演説に、腕時計の小鳥のさえずりに、観客の鼻歌に、全てに、相槌を打つように緻密な和声を施し、旋律化してしまう卓越した技術。ヤカンの水も、テーブルも律動楽器にしてしまう天真爛漫さ。
安易な模倣を許さない強烈な個性を放っていながら、耳に残るのは普遍的な歌。
酩酊と覚醒が同居したような、予測不能で自然な対話に導かれた音楽。
人間のあらゆる所作は音楽であり、音楽はその場にいる全員のものである。
普遍的な言語は、最初からこの世界にあった。
エルメート・パスコアール。音楽の持つ根源的な意義。瞬間と場を共有する純粋な喜びがここにある。
菅野 薫 (Dentsu Lab Tokyo)

//////////////////////////////////////////////////////////////

18年前、友達に連れられてなんとなく向かった学生向けテアトル。リオのどこかの円形ホールで何かの実験をしている毛むくじゃらの博士が今日の主役ということだ。
遊んでいるのか、怒り狂っているのか、最終チェックをしているのか、いつ始まったのか、気付いたら漫談で、気を抜くとオーケストラ。
去年アマゾンの奥地へ行ってきた。夜明けの音は凄まじい。甲高い声、地響きのような謎の雄叫び、耳元をくすぐるような囁き。鳥や猿、動物たちの鳴き声、蝶の羽ばたき、大自然だろうけど異空間、急に18年前の円形ホールが浮かんで目が覚めた。
初めてアマゾンで迎えた朝は、エルメートの音楽との再会だった。
松橋 美晴(Kimobig Brasil /ブラジル料理研究家)

//////////////////////////////////////////////////////////////

アジュリーナ・ズヴァルギとファビオ・パスコワールが刻む端正なリズムに、盟友イチビレ・ズヴァルギの冴えたベースが乗る。アンドレ・マルケスとジョタ・ぺという南米を代表するマルチインストルメンタリストが楽想を整える中、エルメート・パスコワールは登場した。
鍵盤を叩き、ブタが鳴き、あぶくがボコボコと騒めいた後、エルメートはバケツの水を被る。
見栄も驕りも排した彼の祝宴では、これらの楽器は全て並列に存在する。奇を衒う素振りなど微塵も無く、ただその場を祝福し、肯定する音楽。そのリチュアルな音場は複雑に聴こえながらも、万人を包み込む慈愛に満ちている。
今年もまたあの世界に連れて行ってもらえることが今から楽しみで仕方ない。
岩崎 太整 (作曲家)

//////////////////////////////////////////////////////////////

高校時代、アイアートにやられていた俺はじきエルメート師にもひきつけられた。この巨大な知性の来日にぞわぞわくる。
いとうせいこう(作家・クリエーター)

//////////////////////////////////////////////////////////////

「えっ、あのエリス・レジーナとやってた人が日本に来るの!?」
と思ったら、マイルス・デイヴィスのアルバムにも参加しているとのことでした…。伝説かよ。そんな人のライブ見てしまったらどうなっちゃうんだろう。目の前の世界が根本的に変わってしまうくらいの経験になるのでは。うわー。めっちゃ楽しみ。
UCD (Bullsxxt)

//////////////////////////////////////////////////////////////

僕がエルメート・パスコワールさんを知ったのは、Youtubeにアップロードされているこの動画(https://youtu.be/06Qm-Z5OsHw)を見てからです。「なんて楽しそうに、気持ちよさそうに音楽をする人なのだろう」と、感動したことを憶えています。それから数年後の2017年1月、東京での公演にお邪魔することができました。やはり、楽しそうに、気持ちよさそうに演奏しておられました。今回の公演もきっとそうなることでしょう。とても楽しみにしています。
環ROY

//////////////////////////////////////////////////////////////

エルメート・パスコアールの紡ぐ音は、音楽の喜びは僕ら人間たちのものだけではないことを教えてくれる。
松永 誠剛 (コントラバス奏者 / SHIKIORI主宰)

//////////////////////////////////////////////////////////////

自由奔放、奇想天外といった形容で語られることの多いエルメート・パスコアールの音楽だが、バンドと一体となって繰り出す緻密なアンサンブルの妙、そして聴き手の心を彼自身の内面へと誘うスピリチュアルな力も聴きのがせない。先入観を捨てて無の心で向き合えば、これほど自然にストレートに聴けて感じることのできる音楽は、そうそうないと思う。エルメート自身が、少年の純真な心を持ち続けている音楽家であるからだろう。
中原 仁 (J-WAVE [サウージ!サウダージ..]プロデューサー)

//////////////////////////////////////////////////////////////

昨年エルメート・パスコアルバンドが来日した時には、縁あって、ベースのイチベレ・ズワルギ氏のワークショップを企画することになった。瞬間作曲といってもいい彼の技法に参加者はみな魅了されたわけだが、彼の精神に「降りてきた」フレーズをみんなで丹念に、譜面は使わず音そのもののままに織りあげていく作業は、まるでいろんな景色を見させてくれるお祭り列車に乗り込んでいるかのような楽しさだった。三日間それぞれ全く違った曲が仕上がったが、毎回セッションが終わったあとの質疑応答の中で、イチベレ氏の精神が、その土台が、深くエルメート・パスコアル氏に影響されていることを改めて痛感した。
「我々はみな、似た者として存在しています。黒人とか白人とか、日本人とかブラジル人とか、関係ない。しかしまた同時に我々は違った存在としてあります。この素敵な差異の中に豊かさは生まれるのです。」
あなたを自由にしてくれる音楽。お祭り列車にあなたも乗り込みましょうよ。
阿部浩二(ギタリスト)

//////////////////////////////////////////////////////////////

パスコワールさんにお会いしたのは10年以上前だったと思います。初来日の時で(多分)、飛行機が嫌いで船で日本までやってきたと言う話を聞きましたが、それが本当だったのかどうかはともかく、お会いするなり、いきなり極ハグをしていただけたのは感動でした。
初めてお会いしたのに久しぶりだぁみたいなハグでした。。その時とても気にいって履いていた白いシューズにサインをしていただきました。サインをするときに思いっきり鼻をつまんでらっしゃったので思いっきり臭かったんだと思います。初対面で足の匂いを嗅がしてしまった自分に、後悔先に立たずでした。
でも御大、そんなこと全く気にせずシャツにもサインをしていただきました。まるで指圧のようで気持ちよかったです。
EY∃( Boredoms)

//////////////////////////////////////////////////////////////

それは代官山UNIT公演当日、68歳にも関わらず開演4時間前に成田到着というスーパーハードスケジュールで来日するエルメートご一行をお出迎えに空港へ向かう。
アーティスト・アテンドは滅多にしないが、さすがに相手がエルメートだと足取りも軽い。
到着ロビーで待つこと数十分、遠目で見ても一発でわかるその風貌、とオーラ。
黒いアロハ&オレンジ色のサングラスと白髪ロン毛に例の黒いハットをまとった至上最狂の奇才音楽家のド派手な入場。
しかも今回は左脇に若くて美人なガールフレンド・アリーナを従えてる。
「一流レスラーの条件は、いかに入場の時に客の目を引き付けるか」
見かけた瞬間エルメート・ワールドに引き込まれてしまった。
分厚いハグと、いつもポケットに忍ばせている“小鳥の鳴き声が出るオモチャ”のご挨拶を受けて、改めてエルメートの暖かさに感動。
さすがに名前は出てこなかったけど、「前は短パンはいてキャップ被ってたよね」と覚えててくれて尚感動。(勿論通訳入り)
2年ぶりの再会に酔いしれていると、いつの間にかに飛行機(ヴァリグ)のスッチー&機長クルーに取り囲まれてるエルメート。 両手握手&ハグで惜しみながらもサヨナラの挨拶をする7~8人のクルー。
おそらく何人かは音楽好きとかでエルメートを元々知っていたと思わけど、きっとほとんどは機内で初めて“エルメートの虜”になったに違いない…..
ファーストセットが終わり、セカンドセットまでの時間が30分しかないということで客出しを手伝う。
すると何やらステージ袖に外人の人だかり。
よ~く見ると、昼間到着ロビーで“エルメートの虜”になっていた飛行機クルーのご一行。
しかも全員集合。
演奏直後ということもあり、みんな興奮気味にエルメートのマネジャー・ファビアナと話し込んでいる。
その光景を見て、なぜか自分まで暖かい気持ちになる…..
エルメートって、何かとてつもない引力を持ったエネルギー体なんだなぁと改めて実感した。
こんな偉大なアーティストと一緒の時間を過ごせてすごーく幸せです。
Tatsunosuke Ide( Infusiondesign inc.代表取締役・プロデューサー)

//////////////////////////////////////////////////////////////

80歳まで生きるとちょうど1000個の満月が見られるらしい。
昨年81歳を迎えたエルメート・パスコアールと彼の愛弟子たちのライヴのため、ステージに大きな樹の絵を描いた。
大樹がメンバーを包み込むように絵を5つのパートに分けて設置し、枝葉の先には本物の熱帯植物を吊るす。
会場に到着するなり「なんて最高の絵!」と熱いハグをくれるエルメート。1番弟子であるイチベレも「今夜はこの樹とセッションだね。」とにっこり。
気がつけばすっかり彼らのペースで、
楽屋でも、レストランでも、ホテルでも、ずっと鳴り止むことのない音楽。
ユリコ、もっと開いて、入っておいで!と、
楽器なんて弾けないよ、という間も無く、筆は打楽器のように軽やかな音を立ててキャンバスを擦り、所作の全てが音楽になっていく。
まるで魔法のようだ。
絵の具の飛沫さえ、優しい雨になる。
1000個の満月じゃ足りないくらいの成熟と無邪気さが同居するエルメート・パスコアール。
その場にいる全ての人を明るく照らし、たった一人の孤独に降り注ぐ。
世界に対してとても無防備で、同時に全てから祝福されている。
人は本来、大人になるほど素直に純粋になっていくのだと思い知る。
まんまるなお月様みたいなエルメートに、早く会いたい。
Yuriko Shimamura(画家、Imagemaker)

//////////////////////////////////////////////////////////////

2002年に初めて体感したHermeto Pascoal.それまでジャズや即興演奏といった類の音楽に触れる機会はあまりなかったので、彼のプロフィール云々よりも、ビジュアル的な要素だけでとにかく引き寄せられてしまった。巨匠とかレジェンドと名高く称されているHermetoが野外ステージ上に登場したときの衝撃は未だに鮮明で、オーディエンスの気迫と期待感に煽られて登場したHermetoは、小さくてお茶目で、まるでサンタクロースがやって来た!みたいな、、(笑)
一瞬にして辺りは暖かい眼差しと微笑ましい雰囲気に包まれ、Hermetoの世界が一気に注がれた瞬間でした。ジャズや即興演奏の真髄なんて難しいものはなく、自由に漂いながらも調和があり、斬新さがあり、思わずクスクスと笑ってしまうユーモアがあり、そしてすべての源には愛があることを思い出させてくれる。
昨年の6年ぶりの再来日の際のサブタイトル”Musica Universal”のインスピレーションはきっとHermetoが音楽で繋がる世界は素晴らしいものだよと体現してくれてるようでした。彼の音楽、バイブレーションに触れることで、奥底に眠っていたものが呼び起こされるような、そんな体験はとても尊く深淵なもの。そして彼はいつも惜しみなく与えてくれる素晴らしい音楽家です。
なかむらひとこ( ANEL SANTO 代表)

//////////////////////////////////////////////////////////////

エルメートは、自分にも子供のころがあったんだと思い出させてくれる。日が暮れるまで野山を駆け回ったこと、キラキラの川の中に飛び込んだこと、いたずらをして怒られたこと。日々を暮らし歳を重ねるうちに、すっかり忘れ去っていた奥の奥にある無意識のような記憶を引き出してくれる。それは、とてもとても幸せなことで、ぜひ、味わってほしいなぁ。
山口彰悟(FRUEプロデュース&ディレクション)

//////////////////////////////////////////////////////////////